お客様の声

【子供部屋の間仕切り兼収納工事】世田谷区にご在住のK様
「子供たちも喜んでいます。」

 

質問1:リフォームのきっかけは何ですか?

 家を建てた時に、子供部屋はいずれ2部屋に分けられるように1つの部屋にドアを2つ作ってもらっていました。

子供が小さいうちは広い部屋で遊ばせてあげたいと考えていましたが、長男が塾に通ったりするようになり、次男との生活リズムが違ってきたので、そろそろ仕切って2部屋に分けようと思ったのがリフォームのきっかけです。

 

質問2:mamaリフォームに決めた理由は?

 家を建ててもらった大手の会社にも相談しましたが、1社で決めるのは不安だったので、他社にも相談してみようと思い、mamaリフォームを考えました.

mamaリフォームは近いということでチラシでもチェックしていましたが、お店がよく行くスーパーの近くで、よく前を通っていました。

知っていましたので安心感がありましたし、相談した時にも色々とよく考えて下さったので、mamaリフォームに決めました。

 

質問3:リフォームしてどうでしたか?

 初めは、今まで一緒に寝ていた子供たちが、別々になるのでどうなるのか心配でしたが、子供たちも喜んでいます。

ドアの位置で仕切り壁を付けると、どうしても同じ広さになりませんでしたが、間仕切り壁に壁面収納を作る際に、それぞれの部屋の壁面収納の本棚とクローゼットの奥行の違いを上手く組み合わせて、同じ広さになるようにして下さいました。

とても満足しています。

 

                 

 

質問4:mamaリフォームの対応はいかがでしたか?

 親切に対応していただきました。部屋を仕切るにも仕切り壁、可動式の壁を取り付ける、などいくつかの案がありましたが、光や音漏れの事を考えて間仕切り壁を作り、壁面に作り付けの収納を作ることを提案してくれたりと色々と考えて下さいました。

本棚も本の種類に合わせて作ってあるのでスッキリと収まりますし、洋服を掛けるポールも服の丈によって2パターンに可動出来るようにと、子供が大きくなっても使いやすいようにして下さいました。

mamaアドバイザーより

下のお子様が小学校に上がられるタイミングで、広く一部屋でお使いだった子供部屋を区切りたいというご相談でした。

ただ壁を造るのではなく、クローゼットと本棚を背中合わせに造り付け、スッキリとコンパクトに使いやすい空間になりました。

しまう場所をきちんと造ってあげて、収納を小さい頃から習慣付けてあげることは、片付け上手になる第一歩になると思います。

お子様たちも、最初は別々になるのがさびしかったようですが、工事がはじまるとだんだん楽しみになって、出来上がると喜んでいただけたようです。 少しでもお子様の自立のお手伝いになったら嬉しいです。

お子様の成長などに合わせて、お部屋を区切るご相談が増えています。

普通に壁を造る、開閉できるようにする、などご要望にあわせてご提案いたしますので、ぜひご相談下さい。