リフォーム前にこれだけは知っておきたい!
リフォーム前にちょっと役立つ情報や選び方のポイント、住まいの
メンテナンス方法など、お役立てください。
雨漏り工事の手順は!

先日、mamaリフォームのお店に「雨漏りで困ってるんです。」というお客様がお見えになりました。

お話をお伺いすると、他のリフォーム会社で雨漏り直しの工事を行ったけれど、

やっぱり雨漏りしているとのことでした。

しかも、足場まで立てて、かなり大がかりな工事をしたにもかかわらずという事で

途方に暮れたご様子でのご相談でした。

毎年、この梅雨の季節に、多いお問い合せが、雨漏りのご相談です。

特に築15年前後の建て売り住宅に、お住まいの方からのご相談が多いです。

今回のご相談者のお宅もそうでした。

東京の世田谷区の建て売り住宅は、土地の価格が高いこともあり、ほとんど3階建てで

屋根の形状も複雑、バルコニーも2から3か所もあり、雨漏りしやすい状況です。

その上、近年の異常気象でゲリラ豪雨に長雨!今まで以上に雨漏りが発生しているのです。

今回のご相談者のケースでの問題点は、雨漏りを直す工事をする時の手順に有ります。

 

 

【今回のポイント】雨漏り直しの手順
1.原因箇所を見つける!

当たり前の事と、思われるかもしれませんが、現実には原因箇所を見つけないまま、推測だけで直し始めているケースが多いのです。

 

mamaリフォームで、雨漏りを直す工事をした時に実際にあったことですが、バルコニーの防水面を剥がすと、その下からまた、防水面が出てきて驚いたことがあります。

 

お客様に聞いてみると、家を購入した直後に雨漏りがして、建てた業者に相談したら、防水面の上に、もう一度防水をしたそうです。それでも結局、雨漏りは止まらず、mamaリフォームで工事をすることになったのですが、この雨漏りの原因は、防水面ではなく別の部分から雨水が侵入していて、その水が防水面の下の構造用合板にまわり、下地から腐ってしまっていたのです。

 

雨漏りの原因箇所を見つけるのは、簡単ではないのですが、可能な限り原因箇所を見つけてから工事を始めるべきだと思います。そうしないと工事費用が無駄になりかねません。

2.小さな工事から行う!

 
いきなり大がかりな工事をしたのに、雨漏りが直らないは、避けたいパターンです。ですから、できる限り小さな工事から行うことをお勧めしています。
小さな工事とは、足場は使わず、梯子で原因箇所にコーキングして穴や隙間を埋めるなどの工事の事です。
小さな雨漏り直し工事を行って、直ったかどうか様子を見ていきます。
でも、実際には足場が無いとできない場合も多いので、いきなり大がかりな工事をするしかないケースも、もちろんありますけれど、、、
 

3.直ったかどうか確認できるようにしておく!

工事が終わった後も、また雨が漏る可能性は残ります。
というのは、原因が複数箇所ある場合もあります。また月日が経つと地震などで建物が揺れたりして建物のどこかが、ひび割れたり、コーキングなどの部材の劣化もあり、雨漏りの原因が出来てしまう可能性もあります。
だから、可能な範囲で雨漏りの様子が確認できるようにしておくことをお勧めしています。

 
 
ちなみに、ここで確認すると言っているのは、雨水が天井や壁から染み出てきて、部屋の内部に入っている状態を見る事ではなく、壁や天井の内部に雨水が侵入していないか?を確認する事です。

 

今回のご相談者様の場合は、ある程度原因箇所は特定して工事を始められたようですが、
いきなり大がかりな工事をした上に、直ったかどうかの確認ができるようにしていなかったので、
また、壊さないとどこが原因かが分からない状況になっています。
mamaリフォームでは、原因箇所を見つけるためにも、雨漏りが直ったかどうかを確認するためにも点検口の取り付けをお勧めしています。
昔の家は、押入れの天井板がはずれる様にできていて、天井裏をのぞけました。
また、畳を上げて板を外すと床下にも入れました。
でも、最近の家はそうはいきません。点検したい場所にピンポイントで点検口を付けないと中が覗けないのです。

 

mamaリフォームが、サービスエリアを自転車15分圏内で地域密着にしているのは、点検口の取り付け、コーキング工事など、まず小さな工事から対応していけるためなのです。
遠いと小まめに行けなくなるんですよね!

今回の記事は、ママリフォームの神田が担当しました。
住宅の業界でお客様と接する仕事をさせていただいて、26年になります。
その間、様々なお客様とのやり取りを経験して、どうしたらリフォームするお客様に満足していただけるか?日々追及しております。
その一つがサービスエリアを狭くすることでした。
現在のサービスエリアは、世田谷区松原を中心に赤堤、豪徳寺など自転車15分圏内のため、それ以外のエリアの方の対応ができませんが、多少のご相談にはのれると思います。
もし何かお悩みや相談ごとがありましたら、お気軽にご連絡下さい。

その他の新着情報

mamaリフォーム 〒156-0044 東京都世田谷区赤堤2-44-11
Copyright(C) mama-Reform All rights reserved.

お問い合わせはこちらから ページTOPへ